はげてきた死にたい

はげてきた…死にたい…と思ったあなたへ、髪は生やせます

女性に限らず、男性にとっても髪の毛は見た目において大切なものですよね。特にフサフサな髪の毛を自慢に思っていて、「ハゲ頭なんて自分には無縁」と思っていた方にとっては、薄毛や抜け毛が見られるようになった場合、かなり大きな精神的ダメージを受けてしまうはずです。でも、落ち込まないでください!ハゲは食い止めることができます!薄毛・抜け毛の食い止め方を一緒に見ていきましょう。

 

薄毛は対策をしないと進行するばかり

 

薄毛が気になってきたのに、「自分もハゲになる運命なのか、仕方がない……」と諦めてしまうのは、実は一番良くありません。なぜなら、男性の薄毛の大半の原因である男性型脱毛症(AGA)は、何も対策を講じないと進行していってしまうからです。

 

AGAである方は全国で約1260万人おり、そのうちの約800万人の方は薄毛を気にしており、何らかの対策をとったことがあるという方は約650万人だとされています。ということはつまり、約半分の方は諦めてそのまま薄毛一直線……なのかもしれませんね。先ほど述べた通り、AGAは対策をしなければ進行する一方です。

 

逆に言えば、対策をすれば食い止められる可能性があるということです。あなたは、諦めてそのまま薄毛一直線の道を進みますか?多くの方が「いいえ」と答えるのではないでしょうか?では一体、どのような対策をしていけば良いのでしょうか。

 

髪の毛はどうやって生やしていく?

 

はげてきた…死にたい…と思ったあなたへ、髪は生やせます 

 

 

まずはじめにお伝えしておきたいのですが、薄毛が気になってきたら1日でも早く対策を始めましょう。なぜなら、対策を始めるのが早ければ早いほど効果が出やすいからです。では、薄毛対策のステップを順にお伝えします。

 

 

1.食生活や生活習慣を見直す

 

ファストフードなどの外食、コンビニやスーパーのお弁当・お惣菜ばかり食べていませんか?外食はどうしてもバランスが偏りがちなのであまりおすすめできませんが、どうしても外食しなければならない時は、副菜がたくさんついた和食を選ぶようにしたいものです。また、寝る直前に食事をしているという方も注意。

 

就寝時に胃に食べ物が入っていると、寝ている間に頭皮や髪の毛に栄養を届けるはずの血液が食べ物の消化のために胃に集中してしまい、頭皮に栄養が行き届かなくなってしまうのです。

 

 

2.睡眠を十分にとり、適度な運動も取り入れていく

 

髪の毛も寝ている間に育つものです。特に22〜2時の間は育毛ゴールデンタイム!できればその時間にはベッドに入っておきたいものですが、無理であれば遅くとも0時前には寝られるようにすると良いですね。

 

また、仕事などで忙しくて平日は無理でも、週末だけでも気分転換に適度な運動を取り入れると、体全体の血行も良くなり、頭皮や髪の毛にまで栄養が行き届きやすくなります。無理に運動しなくても、車通勤のところを自転車通勤にしてみたり、いつも電車やバスで移動しているところを徒歩に変えてみたり、できる範囲で取り入れてみましょう。

 

 

3.頭皮ケアは入念に

 

薄毛の進行が始まっている方の多くは、頭皮が硬くなってきていると言われています。血行が悪くなって、頭皮にまで栄養が行き渡っていない状態になってしまっているのです。

 

また、頭皮が炎症を起こしていたりする場合も、抜け毛が増えて薄毛になりやすいです。育毛剤などの育毛グッズを使い始める前に、まずは正しいシャンプー方法を身につけて頭皮をしっかりケアし、炎症などがある場合はそれを鎮めてから育毛グッズを使い始めることをおすすめします。

 

 

4.育毛剤や育毛サプリメントを使ってみる

 

食生活を生活習慣を改善するだけでもかなり違ってくるかと思いますが、食事では補いきれない栄養素もあります。「足りていないかな」と思ったら、育毛サプリメントを補助的に用いるのも一つの方法です。

 

また、頭皮環境が整ってきて、「少しでも早く育毛効果を感じたい」という方は、育毛剤を使ってみるのも良いでしょう。

 

 

5.それでも改善が見られなければ、AGA治療を行っているクリニックへ

 

特に育毛剤には体質によって合う・合わないがありますから、使ってみても何の効果も見られなかった……ということもあります。もし余裕があるようでしたら、専門医に診てもらって今後の薄毛対策をどうするべきか相談すると良いでしょう。

 

クリニックで治療するとなると高い費用が必要となりますが、多くのAGAクリニックでは治療前に無料カウンセリングを行っていますので、相談するだけなら費用の心配も必要ありません。

 

 

まとめ

 

ハゲも一種の個性であり、ハゲで悪いことは何もありませんが、この記事を読んでいる方の大半は「ハゲになりたくない!」と思っていることでしょう。だったらやはり、落ち込んでいないで今すぐに対策を始めましょう!頑張ればきっと、フサフサを取り戻せるはずです!